Vol.902 / 2017年10月18日
配信数:191,431

Coach's VIEW
なぜ「ヨコ」のコミュニケーションは難しいのか?

 
粟津恭一郎
株式会社コーチ・エィ

昨年のNY Times Magazineに、このような記事がありました。

グーグルが、自社内の優れたチームの特長を知るために180のチームを分析したところ、優れたチームのメンバーは、互いに相手の声や表情といった「非言語」のメッセージを汲み取ってコミュニケーションをしているということが分かった、というものです。(※1)

グーグルのような先進技術を駆使する企業で「対面」のコミュニケーションが力を発揮しているというのは興味深いことです。

1990年代以降、インターネットの進化によって、多くの「対面」コミュニケーションがメールによるコミュニケーションに置き変わっていったように見えました。ところが、メールによるコミュニケーションが力を発揮している部分は、実は、限られているのかもしれません。

「対面」による依頼と「メール」による依頼
 

読者アンケート(No.18)
「部署や職種の異なる相手とのコミュニケーションに関する調査」実施中!
〜ご協力者には結果レポートを送付!〜

 

コーチ・エィでは、「リーダー開発」「組織開発」についてのアンケート調査を実施しています。

回答いただいた方には、本調査結果を一般公開前にご覧いただけるサイトを、後日ご案内します。

ご協力よろしくお願いいたします。

アンケート回答者登録、ご回答はこちらから過去のアンケート調査結果レポートはこちらからご覧いただけます。

 

コーチング・アワード 2017「成果発表会」
コーチング・プログラム説明会 10/21(土)

 

◆プレゼンテーター
1.奥澤 宏幸氏  製薬会社 新興国事業企画部門 部長
「若手の部下をその気にさせるコーチング」

2.松原啓祐氏  小売IT企業 システム本部
「管理職になる前にコーチングを学んで」

3.三宅智恵美氏 ロイヤルホスト株式会社 営業企画本部 地区長
「チームとして成果をあげるコーチング」

4.佐藤和男氏  採用支援企業 執行役員
「コーチングで経営メンバーの意思決定と行動を支える」

日時:2017年10月21日(土)13:30〜16:00
会場:コーチ・エィ 3階 コーチ・ホール
千代田区九段南2-1-30 イタリア文化会館ビル3階

コーチングに興味をお持ちの方、コーチングを学んでの成果に興味をお持ちの方はぜひ、お申込みください。

コーチング・アワード2017(10/21)の詳細・ご予約はこちら

ピックアップ記事

 
[ 書籍紹介 ]
『一流のリーダーほど、しゃべらない』の編集者が挑んだコーチング
すばる舎編集部 編集次長 水沼三佳子 氏

【編集者インタビュー前編】一流のリーダーになるために「とにかく黙って聞く」

コーチ・エィ 桜井一紀の近著『一流のリーダーほど、しゃべらない』の編集を手掛けられた、すばる舎編集部次長の水沼三佳子氏。桜井へのインタビューを重ねながら、自ら職場でコーチングを実践。その体験が、本作りにどのように反映されていったのか、また、ご自身や組織をどのように変化させていったのかなどについて、著者であるコーチ・エィ 専務取締役 桜井一紀を交えて伺いました。(聞き手はコーチ・エィ広報 大谷恵)

続きを読む
 
[ 書籍紹介 ]
ビジネスパーソンのための近現代史の読み方
ケン・マネジメント代表 佐藤 けんいち 氏

第1回 「現在」を知るために「歴史」をさかのぼる

現代は、これまでの自明の前提が崩れ先行きの見通しの難しい時代だ。世界全体がそうであるし、ビジネスの世界においても同様だ。こんな時代において、「現在」を知り、「未来」を考えるために、「過去」の歴史を知ることが重要視されるようになっている。ビジネスを広い文脈の中に位置づけて、重層的かつ複眼的に考える。まさに歴史を読み解くのと同じ力が「現在」を生きるビジネスパーソンには必要な能力として求められている。

本連載では、「ビジネスパーソンによるビジネスパーソンのための歴史」を皆さんにご紹介したい。

続きを読む
 
[ 米国コーチング研究所レポート ]

2017年9月までの「米国コーチング研究所レポート」カテゴリの人気記事3選

2017年も残すところあと3ヶ月となりました。今週は、米国コーチング研究所レポート「ハーバード大学医学大学院の外郭団体、「コーチング研究所/Institute of Coaching (IOC)」所蔵のコーチングに関する論文やリサーチ・レポートなど」の人気記事を3つご紹介します。

続きを読む
 
[ リーダーシップミニ講座 ]

コーチ型リクエストで「能力」と「成長」を最大化する 第1回 はじめに

部下やチームに対して、あなたはよくリクエストするほうでしょうか、それともあまりリクエストはしないほうでしょうか。

「リクエスト」に対して、するのもされるのも怖い、もしくは面倒なものだ、というイメージを持つ人は意外に多いようです。その結果、部下やチームに対してリクエストすることをためらったり、ストレートなリクエストの代わりに遠回しなコミュニケーションをしてしまう、ということも少なくありません。

一方、コーチ型リーダーは、必要に応じて、率直にリクエストします。

続きを読む
 
 
 
Hello, Coaching!COACH A Co., Ltd.
 
Facebookで登録する Twitterでフォローする