30のキーワードで学ぶコーチング

『30のキーワードで学ぶコーチング』では、コーチングで使われる30のキーワードを通じて、コーチングのエッセンスをご紹介します。


クライアント [client]

 クライアント [client]

コーチングを受ける人。なお、コーチングはいつ誰にでも機能するわけではなく、「やりたいことがよく分からない」「自分では決められない」などという依存的、受身的な考え方をもつ人、約束を守れない、新しい考えを受け入れないといった傾向がある人は、コーチングを受けることが難しい。コーチは、このようにコーチングが機能しない人を見極めることも必要である。どのような相手が機能しないかを理解し、見極めることはコーチの倫理として求められる。

コーチングの30のキーワードを一覧で見る


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事