30のキーワードで学ぶコーチング

『30のキーワードで学ぶコーチング』では、コーチングで使われる30のキーワードを通じて、コーチングのエッセンスをご紹介します。


タイプ分け [communication based on communication type]:コーチング用語集

タイプ分け [communication based on communication type]:コーチング用語集

対人関係におけるコミュニケーションの取り方を4つに分類し、タイプに応じた効果的なコミュニケーションを行う考え方。株式会社コーチ・エィが開発。

4つのタイプとは、コントローラー、プロモーター、アナライザー、サポーター。なお、それぞれのタイプに強み、弱みがあり、優劣を決めるものではない。タイプ分けを活用することで、相手との関係をより深く、そして早くつくることなどが可能になる。タイプを見分けるためには、その人の行動傾向をよく観察し、相手とのコミュニケーションから特徴を把握する。その他、下記ウェブ上のテスト等でも診断が可能。

【参考】
Test.jp タイプ分けテスト
タイプ分けアプリ
【解説】「タイプ分け™」とは 〜「違い」を「可能性」へ変えるコミュニケーション〜

コーチングの30のキーワードを一覧で見る


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コミュニケーション コーチングスキル

関連記事