データは語る

コーチング研究所によるさまざまな調査の結果や、データの分析結果をご紹介します。


「1on1」で、部下の主体性を高める

データは語る
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

上司の「聞く」スキルの向上が部下の主体性に変化をもたらす

近年多くの企業では、上司と部下の間で1対1の面談「1on1」が行われています。「1on1」において、部下の目標達成に焦点を当てた対話をしたり、行動変容をうながしたりする際には、コーチングを取り入れることが効果的です。

今回ご紹介するレポートは、部下の主体性の向上と上司のコーチングスキルの関係性を調べたもの。上司の「聞く」「承認する」「質問する」という3つのコーチングスキルが向上したときに、部下の主体性(目標達成意欲や周囲への関わりの意識)がどれだけ変化したかを調査しました。

その結果、上司のコーチングスキルの向上は、いずれも部下の主体性を高めることが分かりました。なかでも上司の「聞く」スキルが、部下の主体性に最も大きく影響を与えています。レポートの詳細はこちらからご覧いただくことができます。


調査概要

調査対象:コーチ・エィのプログラム・DCD参加者
調査内容:D-meter(DCD独自アンケート)による
調査期間:2015年5月~2018年7月

コーチング研究所では、組織のリーダーを対象としたリサーチ結果をもとに、リーダーシップやコーチングの効果などに関するさまざまなレポートを発表しています。レポートはこちらからご覧ください


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

上司/部下 主体性/アカウンタビリティ

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

新着記事