コーチングの基本

コーチングの歴史、具体的なコーチングスキルなど、コーチングとは何かを知るための基礎知識をご紹介します。


部下の能力開発に大きく影響する、ある一つのこと

部下の能力開発に大きく影響する、ある一つのこと

「人の能力には限界がある。先が見えている」
「人の能力には限界がない。いつまでも成長できる」

あなたは、どちらの意見に賛同しますか?

人の能力には、限界があるのか? ないのか?

1990年代以降、脳の研究者らの研究によって「脳には想定をはるかに超える適応性があり、適切なトリガー(きっかけ)によって、さまざまなかたちで回路を書き換えていく」ことが明らかになってきているようです。(※1)

フロリダ州立大学心理学部教授のアンダース・エリクソン氏は、著書の中で、「通常、『絶対音感』は一万人に一人が備える能力であるが、適切な時期に訓練をしたところ、実験に参加した2歳から6歳までの子ども24名全員が、『絶対音感』を発現した」ことを紹介しています。

これは、幼い子どもだから実現できたのでしょうか。

「世界記憶力選手権」という記憶力を競う大会が毎年、開催されています。

2013年の世界記憶力選手権で、日本人初の「記憶力のグランドマスター」の称号を獲得した池田義博氏は、40代に入ってから記憶競技を始めました。

池田氏が記憶競技において、かなり遅い段階から競技を開始したのは、「年齢に関係なく脳を使うことで神経回路を増やすことができる」、という研究を知ったことが、きっかけのひとつだったといいます。(※2)

また、ロンドン大学の認知神経学者のエレノア・マグワイワ教授はその研究の中で、「ロンドンのタクシードライバーは、(記憶を司る)海馬の容量が大きくなる」と報告しています。脳は大人になっても学習により、その「構造」までも変化するということを裏付ける点で、意義深い研究です。(※3)

成績アップの裏に、何があったのか?

「能力は後天的に身につけることができる」のだとすると、その方法を知りたくなりますが、その参考になる研究がありました。

スタンフォード大学心理学部教授キャロル・ドゥエックが、アメリカの中学生に対してある実験をしました。中学生を2つのグループに分け、1つのグループには「自分の能力を超えることに挑戦するたびに、脳内のニューロンが新しく強い結合をつくる、すなわち、脳の処理能力が上がり、頭が良くなる」ということを伝えます。もう1つのグループには何も伝えず、その後の成績の推移を見るというものです。

結果として、前者のグループは成績が上がり、後者のグループは授業が難しくなるにつれ、次第に成績が落ちました。(※4)

すなわち、「挑戦によって能力を上げることができる」ということを「知っているかどうか」が、能力向上に大きな影響を及ぼしたのです。

この考えを、職場に当てはめて考えるとどうでしょうか。

あなたは、日々を過ごす職場において、部下たち、あるいは自分の成長可能性について、どれくらい信じているでしょうか?

部下に対して、

「なぜ、彼(彼女)はこんなこともできないのだろうか?」
「そもそも彼(彼女)には適性がないのではないだろうか?」

と内心思いながら関わるのか。あるいは、人は誰しも成長できるという前提に立ち、

「彼(彼女)の成長のために、私は彼(彼女)に何をできるだろうか?」

と自らに問いかけながら部下に関わるのか。

あなたの選択によって、部下の成長に大きな違いがあるかもしれません。

「人は挑戦によって能力を上げることができる」という事実を知った今、あなたの頭には誰の顔が浮かんでいるでしょうか?

※1 文藝春秋刊 「超一流になるのは才能か努力か?」アンダース・エリクソン、ロバート・プール著
※2 ダイヤモンド社刊 「世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法」池田義博著
※3 Katherine Woollett, Eleanor A. Maguire. Acquiring "the Knowledge" of London's Layout Drives Structural Brain Changes. Current Biology, 2011
※4 TED 「必ずできる!-未来を信じる「脳の力」-」 キャロル・ドゥエック

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事