データは語る

コーチング研究所によるさまざまな調査の結果や、データの分析結果をご紹介します。


「執行役員や事業部長」と「部長」のリーダーシップの違いとは

執行役員や事業部長は、会社全体を視野にいれて行動する

2016年7月に、部長と課長のリーダーシップの違いに関する分析結果を紹介しました。今回は、役職をあげて「執行役員や事業部長」と「部長」について、部下から見たリーダーシップの違いを見ていきます。

今回の分析も、以前と同様にリーダーシップに関する53項目(ビジョンの提示や部下との関わり方など)について、「執行役員や事業部長」と「部長」を比較しました。調査対象は、執行役員や事業部長237人とその部下2,894人、部長319人とその部下2,893人です。

まず、執行役員や事業部長が、部長より部下の評価が高い項目を見ていきます。統計的に有意差(t検定 p < .05)がある上位3項目は図1のとおりです。

図1. 執行役員や事業部長が部長より高評価のリーダーシップ 上位3項目(部下回答)

7段階評価(1.全くあてはまらない - 7.とてもよくあてはまる)
n=2,894人(執行役員や事業部長の部下)、2,893人(部長の部下)
コーチング研究所調査 2017年

「会社全体を考える」「会社のビジョン、方向性を話す」という項目から、執行役員や事業部長は特定の事業部だけでなく、より広い視点で物事を見ていることが分かります。また、決断を求められる役職のためか「意思決定が速い」という特徴が見られました。

一方、部長が執行役員や事業部長より、部下の評価が高い項目も見られました。統計的に有意差(t検定 p < .05)がある上位3項目は図2のとおりです。

図2. 部長が執行役員や事業部長より高評価のリーダーシップ 上位3項目(部下回答)

7段階評価(1.全くあてはまらない - 7.とてもよくあてはまる)
n=2,894人(執行役員や事業部長の部下)、2,893人(部長の部下)
コーチング研究所調査 2017年

すべて「部下との関わり」についての項目でした。以前に調べた課長と部長の比較で、部長は課長より「部下との関わり」のスコアが低かったことより、「課長」「部長」「執行役員」と役職が上がるにつれて「部下との関わり」が弱くなる傾向が見て取れます。

役職が上がることで、部下と関わる時間が少なくなる要因はいくつか考えられます。社外との関わりが増えて社内にいる時間が少なくなる、部下の人数が多くなり一人当たりの会話時間が減る、部下に仕事を任せる場面が増える、などです。

しかし、どんな役職でも「上司と部下の関わり」は、組織の成果を最大化するうえで、重要な役割をはたすのではないでしょうか。実際、執行役員にも「部下との関わり」のスコアが高い人たちがいます。そこで、部下との関わりが強い人とそうでない人では、部下の状態にどのような違いがあるのかを見てみます。

執行役員や事業部長を、図2にある3項目の評価が高い上位20%と下位20%のグループに分けて、管轄する組織の状態17項目(7段階評価)を比較しました。ふたつのグループでスコア差が大きかったのは次の3項目です。

 ・私の組織には一体感がある (スコア差 0.97)
 ・私の組織では有用な知識や情報・経験を積極的に共有している (スコア差0.78)
 ・私の組織では社員同士が率直に自分の意見を伝えている (スコア差0.74)

この結果から、執行役員や事業部長も「部下との関わり」を重視することで、組織の一体感や情報共有が活発なチームを実現できることがうかがえます。

今回、「執行役員や事業部長」と「部長」の間にもリーダーシップに違いがあること、役職が上がるほど「部下との関わり」のスコアが低くなる傾向を確認しました。しかし、執行役員や事業部長でも「部下との関わり」のスコアが高いリーダーの組織は、一体感などのチーム力が高いことも分かりました。

調査概要

調査対象:292社(執行役員や事業部長237人とその部下2,894人、部長319人とその部下2,893人)
調査期間:2012年9月-2016年4月
調査方法:ウェブアンケートへの回答
調査内容:Leadership Assessment

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

コーチング研究所Insights

新着記事