データは語る

コーチング研究所によるさまざまな調査の結果や、データの分析結果をご紹介します。


柔軟なリーダーシップで、変革をもたらす組織をつくる

データは語る
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

主体性の高い部下には「方向性の提示」が有効

ビジネス環境の変化が目まぐるしい時代、組織は競争力を保つために常に変革を求められています。そのためには、社員一人ひとりが主体性を高め、変化に対応していく必要があり、その社員を率いるリーダーには、社員の状態に合わせたリーダーシップを発揮することが求められます。

今回ご紹介するレポートは、組織を構成する社員の主体性の状態にフォーカスし、部下を「主体性が高いケース」と「主体性が低いケース」に分け、変革を生み出す活気ある職場をつくるために、それぞれのケースにおいて部下が上司に求めるリーダーシップを調査したものです。

結果として「主体性が低いケース」においては、部下は上司に「コミュニケーション」を求め、「主体性が高いケース」では「方向性の提示」を求めていることが明らかになりました。 レポートの詳細、その他の図はこちらからご覧いただくことができます。


調査概要

調査対象:リーダー854人の部下9,117人
調査内容: Leadership Assessment(LA) 
調査期間:2012年9月~2018年2月


コーチング研究所では、組織のリーダーを対象としたリサーチ結果をもとに、リーダーシップやコーチングの効果などに関するさまざまなレポートを発表しています。レポートはこちらからご覧ください。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

新着記事