eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


部下が最初の失敗をしたとき、どのように接しますか?

部下が最初の失敗をしたとき、どのように接しますか?


最初の失敗のあとに、どのような経験をするかによって、
その後の失敗の捉え方、失敗とのつきあい方が決まります。

失敗を、怖いものと捉えれば、失敗を恐れ、行動が抑制されます。
失敗を、いやなものと捉えれば、失敗を報告するスピードは下がります。

相手を成長させるという観点で考えると、
失敗のあとに体験してほしいのは、次の3つです。

1 失敗から学ぶこと
2 失敗を挽回できるチャンス
3 同じ失敗を繰り返さないためのリスクマネジメント

失敗しない人はいません。
部下の失敗に備えましょう。

失敗した部下にどのように向き合い、どのように声をかけるか。

部下の失敗を失敗体験とするか、成功体験とするかは、
あなたの対応にかかっています。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

マネジメント マネジメントスキル 上司部下 育成/成長

関連記事