eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


他人の力を借りることを、どのように捉えていますか?

他人の力を借りることを、どのように捉えていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

他人の力を借りることを、どのように捉えていますか?

何でも自分ひとりで抱え込んでしまっては、ストレスレベルが上げるだけでなく、自分の力も、周囲の人の力も伸ばすことができません。

もし今、仕事を抱え込みすぎていると感じるなら、一度仕事のリストをつくり、まず、「実はやらなくてもいい仕事」を洗い出してみましょう。

次に、残った仕事の中から、自分よりそれをするのがふさわしい人が思い浮かぶ仕事がないか、改めてリストを眺めてみてください。

たとえば、次のようなものはありませんか?

・自分だけでは、実現するための知識、スキル、アイディア、ネットワークなどが足りない

・本来は他の人がすべき仕事を自分が引き受けてしまっている(任せられない、引き継ぎを忘れていた、なんとなく、も含めて)

・自分よりそれをうまくこなせる人がいる

他人の力を借りたり、任せたりすることが適切な仕事は、どんどん力を借りたり、任せたりしていきましょう。相手にとっても、頼られたり、任されたりすることは、強みを活かし、スキルアップするチャンスになるかもしれません。

「力を借りること」、「任せること」も、リーダーに必要な、そして、とても重要なスキルなのです。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

マネジメント リーダー/リーダーシップ 意識変革 組織開発

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事