eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


コントローラーと接するときのポイントは?

コントローラーと接するときのポイントは?

コントローラー(は、常に自分が判断する立場にいたいと望み、自分をコントロールする人に意識的、無意識的にかかわらず反発します。

またスピードを重視する戦略家であるため、くどくどと話をされることを嫌います。

「人間関係より仕事」、「プロセスより結果」を優先し、人の話を聞かずに、結論を急ぐ傾向も特徴的です。

さて、あなたの周りに、そんなコントローラータイプの人はいませんか?
彼らと接するときは、次のポイントを意識してみましょう。

□ 結論から単刀直入に話す
□ 何かについて知りたいときは、質問ではなく、「〜について教えてほしい」と教えを請う表現をつかう
□ 提案するときには選択肢を複数示し、相手が判断(選択)できるようにする
□ 何かを任せるときは口出しをせず、全面的に任せる


【参考】
Test.jp タイプ分けテスト
タイプ分けアプリ

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コミュニケーション 視点を変える

関連記事