eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


相手のその人らしさをどんな視点で捉えていますか?

相手のその人らしさをどんな視点で捉えていますか?

いいコミュニケーションをつくり出すには、まずは相手を知ることが大切です。そして、そのためには、「相手について知るための視点」をもつことが必要です。

コーチはそうした視点をいくつももっています。その代表的なものが、コミュニケーションスタイルに着目した「タイプ分け™」です。

簡単にいうと、「タイプ分け™」では、コミュニケーションのタイプを、次の4つに分類します。

●コントローラー
 行動的で自分が思ったとおりに物事を進めることを好む

●プロモーター
 アイディアを大切にし、人と活気あることをするのを好む

●サポーター
 他人を援助することを好み、協力関係を好む

●アナライザー
 行動に際して多くの情報を集め、分析、計画を好む


さて、あなた自身は、どのタイプが強いでしょうか?

多くの場合、人は自分のタイプを基準に、周囲の人と関わろうとします。自然に、自分がしてほしいように、相手にコミュニケーションをとってしまうのです。

しかし、目の前の相手が必ずしもあなたと同じアプローチを好むとは限りません。

まずは、自分のタイプを知ることが、相手に合わせたコミュニケーションを始める最初の一歩です。


「タイプ分け™」をもっと知るならこちら


 


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コミュニケーション コーチングスキル ラーニング 育成/成長

関連記事