eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


普段からセカンドシグナルを送っていますか?

普段からセカンドシグナルを送っていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

相手の行動を呼び起こすためには、次のような形で情報を伝達する必要があります。

「勉強しろ」
そして、セカンドシグナル「僕は君の味方だ」

「頑張れ!」
そして、セカンドシグナル「君は僕たちの仲間だ」

セカンドシグナルを送ることなく、言葉だけが無機質に運ばれるだけでは相手の行動を引き起こすことはできません。

猿の「毛づくろい」は、彼らの世界では重要なコミュニケーションといえます。
そして、人間もコミュニケーションの前提として

●声をかけること
●名前を呼ぶこと
●ノンバーバルに(言語以外の振る舞いで)好意を示すこと
●アクノレッジすること
●心から接していること

などを普段から行っている必要があります。

「図解コーチングマネジメント」(伊藤守著)より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

コミュニケーション ノンバーバル

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事