eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


相手にどのくらい確認していますか?

相手にどのくらい確認していますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

コミュニケーションを交わしている二人は、二人とも同じ現実を見ています。しかし、両者は同じ現実を、違う視点で見ているのです。

ひとつの現実に対していくつも視点があります。しかし人間はいちどにひとつの次元でしか見ることができません。

また、他の視点もあるという可能性については、ほとんど気がついていません。

私たちは、この一連のプロセスに気がつかないまま、違う評価や、答えが出ることに戸惑い、そこに対立が起こります。

私たちは常にこのような状況におかれています。ゆえに、このような状況でコミュニケーションを成立させるためには、相手に見えているもの、聞こえていることはなにか、それについて聞かなかればなりません。また、なぜそれが見えて、聞こえるのかも、知らなければいけません。

最初に、おたがいの視点の違い、解釈の違いを明らかにすることこそ、コミュニケーションの第一目的なのです。

『「小さなチームは組織を変える―ネイティブ・コーチ10の法則」』伊藤守著より抜粋編集)


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コミュニケーション 視点を変える

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事