eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


対立はどうして起こるのでしょうか?

対立はどうして起こるのでしょうか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

チーム内では、意見の不一致や対立が起こることもあります。しかし、対立は考えかたの違いからくるわけではありません。それは知覚の不一致からくるものです。

人は見たいものを見たいように見て、聞きたいことを聞きたいように聞く傾向を持っています。「見なければ信じない」と言いますが、もっと正確にいえば、信じてもいないものは、見もしないものです。

見たり聞いたりするのは、目や耳の仕事ではなく、脳の仕事です。なにを見て、なにを聞くかは、事前に脳が選んでいます。したがって、当然自分に見えているものが、相手にも「見えて」いるわけではありません。

自分に見えているものは、人にも見えているはずだと思い込みがちですが、実際には、人それぞれの背景の違いから、見えている対象も見えかたも、それぞれ違うものです。

『「小さなチームは組織を変える―ネイティブ・コーチ10の法則」』伊藤守著より抜粋編集)


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

コミュニケーション 選択肢

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事