eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


部下のこと、何を、どのくらい知っていますか?

部下のこと、何を、どのくらい知っていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

部下の価値観、信念、希望、それを上司は受け取らなければなりません。

当然上司の価値観や信念との間には違いがあります。それを、無理に自分の価値観に引き寄せる必要はありません。

考えかたは違っていていいのです。むしろ、おたがいの違いをはっきりさせることこそ、ここでのコミュニケーションの目的になります。

おたがいに同じことを聞き、同じものを見ていても、まるで違う見かた、解釈をしていることを知ることは、コミュニケーションを交わす目的のひとつです。

問題は、部下の価値観、信念、希望を知らないために、コミュニケートできない、結局言葉のやりとりだけになってしまうところにあります。

『「小さなチームは組織を変える―ネイティブ・コーチ10の法則」』伊藤守著より抜粋編集)


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

コミュニケーション 上司/部下

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事