コーチングの基本

コーチングの歴史、具体的なコーチングスキルなど、コーチングとは何かを知るための基礎知識をご紹介します。


第12回 うまくいくキャッチボールの条件 (5)受け入れる

第12回 うまくいくキャッチボールの条件 (5)受け入れる
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました
このシリーズを(はじめに)から読む
コミュニケーションはキャッチボール(はじめに)

多くの人が、聞いてほしいと思っています。

実は、経営者や企業のエグゼクティブも、その立場からして常に「聞かれている」はずなのに、彼らですら、聞いてほしいと思っているものです。
本当の意味で、「聞く」人は滅多にいないからなのでしょう。投げたボールとは違うボールが返ってきたり、ボールを抱え込んだまま返してもらえなかったり、ほかの誰かに渡されてしまったりしているのでしょう。

「聞く」とは「受け入れる」こと

「聞く」とはすなわち、「受け入れる」ことです。
相手が表面的には「なるほど」などと聞いているふりをしていても、本当に「受け入れられている」かどうかは、誰でも敏感に察するものなのです。
では、どうして、わたしたちは、なかなか受け入れることができないのか?
その理由のひとつは、受け入れてしまったら、それにすべて同意しなければならないと思い込んでいるからです。相手の言うとおりにしなければならないと思っているからです。「受け入れる」ということに対する誤解があるからです。
話の内容を受け入れることと、相手がそう思っている、ということを受け入れることとは違います。

あなたにとってとうてい同意できない事柄であっても、相手がそう思ったのであれば、そうなのです。相手の考えに同意するかどうかは別にして、相手がそう思ったということには同意できます。それでいいのです。

たとえ、意見は違っていても、お互いの存在に対する「受け入れ」が確認されているとき、わたしたちは、キャッチボールを続けることができます。

言葉はヴィークル(乗り物)

何度も言うように、言葉はヴィークル(乗り物)です。気もちを載せたヴィークルです。
にもかかわらず、わたしたちは、言葉、すなわち、自分や相手の「考え」にこだわります。そして、自分の考えこそが、自分のアイデンティティそのものであると思い込んでしまっています。

つまり、言葉すなわち自分の考え、というものに同化してしまっています。
自分の考えイコール自分自身、自分の考えを受け入れてもらうことイコール自分自身を受けれてもらうことと誤解しています。自分の考えに反対されることイコール自分自身を否定されることだと誤解しています。

だから、自分の考えを否定されるのも、相手の考えを受け入れてしまうのも怖いのです。
わたしたちの考えがわたしたちそのものなのではありません。ですから、わたしたちは、他社とコミュニケーションを交わすように、自分自身の考えともコミュニケーションを交わすことができます。日々交わしています。

コミュニケーションを交わすには、つまり、キャッチボールをするには、距離が必要です。わたしたちが自分の考えに一体化してしまっているということはすなわち、距離がもてないでいるということです。

自分の内側で、自分自身の考えともキャッチボールができているとき、外側の他社とのコミュニケーションの状況はまったく異なるものとなるでしょう。

出典

コミュニケーションはキャッチボール itoh.comより抜粋編集
コミュニケーションはキャッチボール』(ディスカヴァー刊)伊藤守著より抜粋編集


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コミュニケーションはキャッチボール™ コーチングスキル/コーチング

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事