コーチングの基本

コーチングの歴史、具体的なコーチングスキルなど、コーチングとは何かを知るための基礎知識をご紹介します。


[新連載] コミュニケーションはキャッチボール(はじめに)

[新連載] コミュニケーションはキャッチボール(はじめに)
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

『この気もち伝えたい』という小さな絵本があります。コーチ・エィのファウンダーである伊藤守が1993年に書いた本です。「コミュニケーションはキャッチボールである」というその意味を、とてもわかりやすく伝えてくれます。

コーチングを学ぶとき、実践するときに、忘れてはいけないのは、コーチングも「コミュニケーション」であるということ。コーチングスキルも大切ですが、前提としての「コミュニケーション」を忘れてはいけません。

コミュニケーションとは、単に「言葉が行き交う」だけのものではありません。「コミュニケーションはキャッチボール」というコンセプトは、そのことについて振り返る機会を与えてくれます。

ここでご紹介するのは、この絵本の内容をアニメーションにした動画です。

» English Version is here

『この気もち伝えたい』が生まれるきっかけとなったエピソード

Hello, Coaching! では、15回にわたって『この気もち伝えたい』が生まれるきっかけとなったエピソードを紹介していきます。コミュニケーションについて、改めて「止まって見る」機会となるエピソードが満載です。ぜひご覧ください。

[新連載] コミュニケーションはキャッチボール

  • 【はじめに】
    • 第1回 コミュニケーションはキャッチボール

  • 【キャッチボールとの出会い】
  • 【キャッチボール上達法】
  • 【うまくいくキャッチボールの条件】
    • 第8回 1. 完了させる
    • 第9回 2. 待つ。「間」をとる
    • 第10回 3. 相手の聞く能力を高めるように話す
    • 第11回 4. 相手の話す能力を高めるように話す
    • 第12回 5. 受け入れる

    • 第13回 コミュニケーションは量
    • 第14回 コミュニケーション(キャッチボール)の原則
    • 第15回 コミュニケーションの目的
  • 「コミュニケーションはキャッチボール」の書籍

    以下の2冊は、「コミュニケーションはキャッチボール」というテーマを扱っている書籍です。

    『この気もち伝えたい』はこのテーマのエッセンスをまとめた絵本で、小学生からおとなまで、幅広い年齢層の方に向けて書かれたものです。

    『コミュニケーションはキャッチボール』は、このテーマをもう少し深く掘り下げ、どうしたらうまくキャッチボールができるのか、その条件や原則を述べています。コミュニケーションカルチャーの変革を求める多くの企業で活用されている本です。

    「この気もち伝えたい」

    「この気もち伝えたい」

    著者:伊藤 守
    出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

    「コミュニケーションはキャッチボール」

    「コミュニケーションはキャッチボール」

    著者:伊藤 守
    出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

    あわせて読みたい Coach's VIEW

    [Coach's VIEW]
    コミュニケーションはキャッチボール
    はじめてのキャッチボール ホームパーティーでのキャッチボールのエピソードをご紹介します。

    出典

    コミュニケーションはキャッチボール itoh.comより抜粋編集
    『コミュニケーションはキャッチボール』(ディスカヴァー刊)伊藤守著より抜粋編集


    この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
    ぜひ読んだ感想を教えてください。

    投票結果をみる

    ※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

    コミュニケーション コミュニケーションはキャッチボール® コーチングスキル/コーチング

    メールで送る リンクをコピー
    コピーしました コピーに失敗しました

    関連記事