コーチングの基本

コーチングの歴史、具体的なコーチングスキルなど、コーチングとは何かを知るための基礎知識をご紹介します。


第3回 キャッチボールとの出会い: キャッチボール・イン・ニューヨーク

第3回 キャッチボールとの出会い: キャッチボール・イン・ニューヨーク
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました
第1回 【はじめに】 コミュニケーションはキャッチボール
第2回 【キャッチボールとの出会い】最初のキャッチボール
第3回 【キャッチボールとの出会い】キャッチボール・イン・ニューヨーク
第4回 【キャッチボールとの出会い】ボールを探して
第5回 【キャッチボールとの出会い】気もちを伝えるキャッチボール
第6回 【キャッチボール上達法】返ってこないボールを求めて

1984年頃、当時あったニューヨークのオフィスでパーティーを開きました。

オフィスパーティーでのできこと

そこには、出席者がおつれの二人の子どももいました。彼らはとてもシャイで、お父さんの足につかまったまま、そこを離れようとしません。まわりにいる人たちが、食べ物を持っていったり、話しかけても、よけい頑なになってしまうだけ。

その子どもたちの母親(日本から米国に駐在している人)は、困り果てたようにわたしに訴えました。

「この子たちは人見知りが激しいんです。どうしたらいいでしょう?」

当時、わたしには子どももおらず、どうしていいものか困ってしまいました。

子どもたちとのキャッチボール

ふと見回すと、そこにバスケットボールがあったのです。でも、相手は幼い子どもですから、いきなりボールを投げるわけにはいきません。そこで、試しにボールを彼らの足元に転がしてみました。

すると、どうでしょう。男の子のほうがすばやく父親の足元から離れて、そのボールを拾うと、わたしのほうに転がしてきたのです。もちろん、転がすとすぐに戻って、父親にしがみつきましたが。

わたしは、今度は妹のほうへとボールを転がしました。すると、妹も、お兄さんと同じように、わたしのほうに転がしてきては、急いで父親にしがみつきました。

こうして、わたしは二人に交互にボールを転がし続けました。いつしか、彼らは父親の足元に戻らずに、わたしから返されるボールを待つようになっていました。

それを続けているうちに、床を転がしていたボールは次第にキャッチボールに変わりました。もちろん、受け損なったり、落としたりすることもあるのですが、それがまた楽しいらしく、子どもたちは声をあげて笑い、徐々に、わたしに話しかけてくるようになりました。

そうしてひとしきりキャッチボールが終わると、彼らは部屋中を走り廻り、他の大人たちとも話したり遊んだりし始めたのでした。

そこでの出来事は、それは大きな刺激となりました。

言葉そのものよりもそこにキャッチボールがあることが大切

もしかしたら、言葉そのものよりも、そこにキャッチボールがあることが大切なのではないか、と思うようになったのです。

それまでわたしは、コミュニケーションが相手や自分に与える影響について、あくまでも言語とその内容に焦点を当てて探求していました。しかし、実はコミュニケーションという行為そのものが、すでに、お互いになんらかの影響を与えているのではないかと考え始めたのです。
そして、それは、そのとおりでした。

出典

コミュニケーションはキャッチボール itoh.comより抜粋編集
コミュニケーションはキャッチボール』(ディスカヴァー刊)伊藤守著より抜粋編集


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コミュニケーション コミュニケーションはキャッチボール® コーチングスキル/コーチング

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事