eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


あなたの「なぜ?」という質問は、相手をどんな気もちにさせていると思いますか?

あなたの「なぜ?」という質問は、相手をどんな気もちにさせていると思いますか?

たとえば、部下からのレポートの提出が遅れている場合、あなたならどんな質問を投げるでしょうか。

もし、
「なぜ、期限を過ぎても出さないの?」
「期限を守れないのはなぜ?」
と聞けば、おそらく、相手の答えは、
「すみません、、、」

「申し訳ありません」
でしょう。

これでは、問題の本質を見抜き、解決に導く会話にはつながりません。

このような「なぜ」の使い方は、一見「質問」のようですが、実際には「詰問」になってしまい、相手のモチベーションや主体性を阻害してしまう危険さえあります。

これに対して、たとえば、
「期限に遅れているのはなにが原因になっているの?」
「期限を守るためには必要だったことは?」
と聞けば、具体的に何を変えればいいのか、何をすればいいのかを共に明らかにすることができます。

このように、詰問になりそうな「なぜ」の代わりに「なに」を使うだけで、相手の受け止め方、そして答えさえ変わってきます。

「なぜ」を使った質問が頭に浮かんだときには、考えてみてください。

自分が今からしようとしている質問を、受けるのがもし自分だったら、どんな感じがするだろうか?

もし「責められてる」と感じるようなら、前進のための質問、たとえば「なに」を使った質問に変えてから投げかけてみましょう。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事