eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


部下を叱るとき、その先にある目的は何ですか?

部下を叱るとき、その先にある目的は何ですか?

「どうしてこんなことになったんだ?」
「なぜもっと早く相談しなかったんだ?」

部下の失敗を聞いたときに上司が発しがちなコメントです。

さて、そもそも上司は、どのような意図があって部下を叱るのでしょう?

「部下に失敗を繰り返させないため」と答える人が多いかもしれません。

叱ることで、その目的は達成できているでしょうか。

叱り方を間違うと、部下から出てくるのは言い訳や謝罪ばかりで
会話が発展しないといったことが、往々にして起こります。

失敗したときこそ、相手に学習させる質問が有効です。

「今すぐすべきことは何か?」
「同じ間違いを起さないために、今後どのようなリスクマネジメントができるか?」
「今回の事態は、どのように回避できた可能性があるか?」

叱る、という姿勢で部下と真正面から向き合うのではなく、
部下の側に立って「一緒に」事態について考える。
それが未来に投資するリーダーの選択といえるかもしれません。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事