eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


どんな言葉を使うとエネルギーが上がりますか?

どんな言葉を使うとエネルギーが上がりますか?

いい状態をキープするためには、エネルギーの補給が大切です。

そして、エネルギーには、自分がよく使う言葉も関係します。
  
たとえば、「楽しい!」と言っているとエネルギーは上がりますが、
マイナスの言葉を口に出せば逆にエネルギーは下がります。

こんな言葉を使っているときはありませんか?

「面倒くさい」
「疲れた」
「意味がない」
「できない」

もし思い当たるなら、口癖を意識的に変えてみましょう。

対人関係においても、ちょっとした言葉遣いで変わります。

たとえば、相手に対して文句を言うのではなく、
その裏にあるあなたの要望を「~してほしい」という表現に変えて伝えてみましょう。

そうすることで、あなたのエネルギーも、相手のエネルギーも上がるはずです。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コミュニケーション

関連記事