eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


職場で「体験」をどのように扱っていますか?

職場で「体験」をどのように扱っていますか?

「体験」は共感を呼び、絆を深めます。  
「体験」を聞くことで、人は話し手のことを知ることができ、
相手を身近に感じるのです。

また、人の「体験」を聞くことは学習材料となります。  

特に新入社員のような、経験がまだ少ない人にとっては、
あなたの体験は大きな学びにつながります。

成功体験でも、失敗体験でもかまいません。

彼らの役立ちそうなあなたの体験を積極的に伝えましょう。
ただし、自分の話に夢中になってしまわないこと。
長くても1−2分にまとめましょう。

そして、彼ら自身にも「体験」を話す機会を提供しましょう。

そうすれば、あなたが彼らの可能性に気づけるだけでなく、
彼らも自分自身のことについて学ぶ重要な機会となるでしょう。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

信頼関係

関連記事