eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


部下が不平不満を言ってきたとき、あなたはどのように受け止めていますか?

部下が不平不満を言ってきたとき、あなたはどのように受け止めていますか?

人が不平不満を言ってくるときには、
その背景に「してほしいことや、してほしくないこと」があります。

直接的にお願いしたり、要望したりすることには躊躇があり、
不平不満というかたちで、暗に相手に気づかせるという方法がとられるわけです。
つまり、不平不満とは、遠回しなコミュニケーションの方法なのです。

遠回しな分、真意が伝わりづらくなり、
お互いの関係においても、建設的ではありません。
また、不平不満は、その場の雰囲気を損ねる可能性があります。


「不平不満」が聞こえたときは、相手のリクエストを聞きます。
「してほしいこと、してほしくないこと」を聞かせてほしいと伝えます。

「何かしてほしいことや、してほしくないことがあったら、ぜひ聞かせてほしい」
「何か私にできることはありますか?」

不平不満の背後にある「要求」を、
リクエストというかたちに変えてもらえば、
お互いに行動が起こしやすくなります。

コミュニケーションが複雑になるのは、
してほしいことを直接言わずに、
複雑で迂遠な方法で、それを伝えようとするからです。

コミュニケーションにおける交通整理の一つの方法は、
相手のリクエストを聞くことです。


「不平不満の裏側にある相手のリクエストを聞く」
『コーチングマネジメント』(伊藤守著)より抜粋編集

最善は、不満不満になるその前に!

「あなたは、部下の不満にどのように対応していますか?」

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

聞く

関連記事