eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


今のあなたは、上司としてのコンピテンシーをどのくらい備えていますか?

今のあなたは、上司としてのコンピテンシーをどのくらい備えていますか?

成功者に共通しているのは、自己認識の高さです。

つまり、自分がすでにできること、、できないこと、自分に求められていること、
自分にとって重要なこと、自分がこれから身につけるべきことを
明確に認識しているのです。

同時に、自分が上司として成長するための時間をつことは、
部下に対するあなたの責任であり、未来に向けての大きな投資です。

以下は、部下を育成することに優れている上司のコンピテンシーリストです。
当てはまるものをチェックしてみましょう。

□ 達成すべき目標、組織が期待していることを明確に示している
□ 仕事やトレーニングを通して、部下に効果的な学習と成長の機会を提供している
□ 自分が話している時間より、部下の話を聞いている時間のほうが多い
□ 問題発生時、誰が悪いかを追求するより、解決法に意識を集中している
□ 部下に対しては、詳細な実行方法の指示よりも、「何を求めているか」を伝えている
□ オフィスを歩き回ったり、部下に自分から話しかける時間を十分とっている
□ 部下に委任できることは、信頼して任せている
□ 「上司になる前にしていた仕事」と「上司になってからしている仕事」の内容は違っている
□ 部下の弱みよりも、強みに目を向けている
□ 部下一人ひとりのデータベースをもっている
□ 仕事の進め方やプレゼンスなど、部下のモデルになっている
□ 必要なことは遠まわしではなく、ストレートにリクエストしている
□ 自分自身、常に学び、成長し続けている
□ 自分が目指す理想のマネジャー像を明確に話すことができる

あなたは今、どのくらいの項目にチェックをつけることができますか?
次に身につけたいコンピテンシーはどれでしょうか?


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コーチングスキル 質問

関連記事