eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


あなたが「ノー」と言えないのは、どんな場面ですか?

あなたが「ノー」と言えないのは、どんな場面ですか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

本来、「ノー」と言うべきなのに、もしくは、本当は「ノー」と言いたいのに「ノー」と言えない。

それはあなたの「境界線」が侵害されている場面です。「境界線」とは、あなたが自分の周りに引く想像上の線で、あなたにとって受け入れ難い、他人の行動や振る舞いから自分を守るために引くものです。

この「境界線」が弱いと、次のようなことが起きます。
  
□ 常に自分が利用されているように感じる
□ 優先順位が常に変わる
□ 無駄なエネルギーを使ってしまう
□ 成長しない
□ 自分の尊厳が失われる

言うべき「ノー」が言えないのは、「境界線」が弱っているサインです。

どんなとき、あなたは境界線を弱めてしまうでしょうか。そのような場合を書き出し、境界線を保って関わる方法を考えてみてください。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

ラーニング 育成/成長

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事