eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


プロモータータイプの部下に仕事を任せるとき、心がけるべきことは?

プロモータータイプの部下に仕事を任せるとき、心がけるべきことは?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

ポイントは、「途中で褒めながら、任せておく」

コントローラーと同様、プロモーターも、とにかく任されたいタイプ。そして、任されたからにはごちゃごちゃ細かいことは言われたくないタイプです。

しかし、コントローラーと違うのは、「プロセスも見ていてほしい」ということです。

ですから、口は出さないけれど、よく見ていて、要所要所で「承認」の言葉をかけることが重要です。そうすることで、より力を発揮します。


キーワード:「これを任せられるのはお前しかいない」「いいじゃないか、その調子!」

「図解コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく」より編集抜粋



※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コミュニケーション 視点を変える

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事