eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


サポータータイプの部下に仕事を任せるとき、心がけるべきことは?

サポータータイプの部下に仕事を任せるとき、心がけるべきことは?

ポイントは、「丸投げしない」

サポーターは「合意」をとりながら物事を進めていきたいタイプ。ですから、任されて放っておかれると不安になります。

サポーターに仕事を任せたあとは、なるべく、頻繁に声をかけて、次のことを示しましょう。

・一緒にやっていこうという姿勢
・プロセスをずっと見守っているということ

キーワード: 「その後、どうだい?」 「困ったことがあったら、いつでも力になるぞ」


「図解コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく」より編集抜粋


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コミュニケーション 視点を変える

関連記事