eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


アナライザータイプの部下に仕事を任せるとき、心がけるべきことは?

アナライザータイプの部下に仕事を任せるとき、心がけるべきことは?

ポイントは、「丸投げせず、専門的な役割を与える」

アナライザーは、無から有を生み出すのは、得意ではありません。「とにかくすべて一任する」と言われても、とまどってしまいます。

アナライザーが力を発揮するのは、次のような時です。

・方向性と手順を示し、期待する領域を伝えた上で、その部分を任せる
・ある程度、方向性が見えている中で、専門的な役割の発揮を期待する

キーワード:「全体の目標は〇〇で、この手順で行う中で、君にはこの部分をやってもらいたい」


「図解コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく」より編集抜粋



※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コミュニケーション 視点を変える

関連記事