eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


知らず知らずのうちに、相手が話しづらい態度をとっていませんか?

知らず知らずのうちに、相手が話しづらい態度をとっていませんか?

相手の話を聞くために、「相手が話やすい環境をつくる」ということも重要です。

しかし、私たちは知らず知らずのうちに、相手が話しづらい環境をつくってしまうのものです。たとえば、次のような態度、心当たりはありませんか?

1.攻撃的な態度

意図的に攻撃的な態度をとる場合もありますが、問題なのは、自分ではそれと気づかず、攻撃的な印象を与えている場合です。

たとえば、

・途中で口を挟み、意見する
・話している途中で、指をトントンたたいたり、体をゆすったりする
・眉間にしわを寄せる

こうした振る舞いは、相手に「攻撃的」とうつります。

もともとアグレシッブなタイプの人が、相手の話を一生懸命話を聞こうとすると、上記のような態度があらわれがちなので注意が必要です。

2.自分が優位に立とうとする態度

相手の話を聞きながら、無意識に頭の中で競争をスタートさせていませんか? どちらが上か下か、勝っているか負けているかと二極化すれば、話はどこまでも平行線のままです。

3.心を通わせない

たしかに、そばにいて相槌も打ってくれるけれど、「どうもちゃんと聞いてもらっている気がしない」と感じるときがあります。

聞き手が頭だけで聞いていて、心で聞いていないときに話し手はそう感じるようです。お互いに生身の人間であることを無視してしまうと、話は通じたように見えても、行動は起こせません。

4.偉そうな態度
たとえそんなつもりはなくても、次のような態度は、話し手にこんなメッセージとして伝わることがあります。

・頭の後ろで手を組んで、椅子の背に寄りかかり、足をグーっと前に伸ばして話を聞く
 →「おまえの話なんか、聞いていられない」

・「ああ、知っていますよ、それはですねぇ」「なかなかいいんじゃないですか」
 →「そんなことわかっていますよ」

これでは、話しやすい環境であるはずがありません。

5.神経質な態度

査定のための面談や苦手な人を相手にしているときなど、居心地が悪い状況にある時に、こういった聞き方になりやすいものです。

そうしたとき、指で机をたたいたり、髪をいじったりと、人はそれぞれ特有のジェスチャーをします。自分も聞きづらいかもしれませんが、話すほうも十分話しづらいということを忘れてはいけません。

『コーチングマネジメント』(伊藤守著)より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

意識変革 聞く

関連記事