eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


聞き手にはどんな情報の受け取り方をする人でしょうか。

聞き手にはどんな情報の受け取り方をする人でしょうか。
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

新たな情報を受け取るときに好むスタイルは、人それぞれです。

図や写真などによる説明を好む人、耳からの情報を好む人、図よりも文字で読むことを好む人、あるいは、自分で実際にやってみることが機能する人もいます。

プレゼンテーションなど、複数の人を相手に話すとき、聞き手にはさまざまな情報の受け取り方をする人が混在しているはずです。

ですから、あらゆる人が受け取りやすい説明の仕方をうまく組み合わせ、どのスタイプを好む人にも対応できるよう心がけることで、効果的なプレゼンテーションを行うことができます。

1対1のコミュニケーションでも、相手のタイプに合わせて説明の仕方を変えることで、よりスムーズに情報共有ややりとりをすることができるでしょう。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コミュニケーション 視点を変える

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事