eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


聞き手が知りたいと思っていることや期待していることを、どのように把握していますか?

聞き手が知りたいと思っていることや期待していることを、どのように把握していますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

プレゼンテーションをするときに、ひとりよがりな態度では、伝えたいことが伝わらない可能性があります。聞き手の関心を引きつけるには、聞き手にメリットを感じさせることが大切です。

聞き手の求めているものをあらかじめ察知し、どのような話をすればどんな反応が返ってくるかということにまで充分に思考を巡らせておくことができれば、聞き手の期待を超えるプレゼンテーションが実現するかもしれません。

事前準備の際に、

・一旦、伝え手の立場から離れて、聞き手の立場で改めて内容を考えてみる
・可能であれば、事前に、聞き手からリクエストを聞いておく
・プレゼンテーションの最初、途中もしくは最後に、質問を受け付けることを明言しておく

といったことを通して、聞き手の「期待感」や「知りたい気持ち」を刺激することができます。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コミュニケーション 対話

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事