eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


「体験」をチームのために役立てていますか?

「体験」をチームのために役立てていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

リーダーは、相手にバージョンアップやチャレンジを求める際に、自らがすでにそれらを試している必要があります。そして、その「体験」を伝えることは、彼らに安心して新しい選択肢を選ばせるのに役立ちます。

体験の伝え方

1. 役立ちそうな体験をメモするなど、人に話せるように準備する
2. 相手がどんな体験を聞きたがっているかを確認する
3. 自分の体験を話すことの許可を相手にとる
4. 自分の体験を短く話す(長くても1分程度)
5. 自分の体験が彼らにとって役に立ったかを確認する

バージョンアップやチャレンジばかりでなく、失敗をいかに乗り越えたかなどといった体験も役立つでしょう。ポイントはその「体験」が相手の役に立つことです。

体験を聞くことで、相手はあなたを身近に感じることができ、絆を深めることができる、という効果も期待できます。その点では、「相手の体験を聞く」ということにもリーダーは目を向けるべきでしょう。

体験を聞くことで、相手を知り、相手をアクノレッジすることができます。

そして、それについて話し合うことで、さらなる「学び」を引き出すことができるようになります。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

ラーニング 意識変革

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事