eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


コントローラータイプの部下を誉めるときのポイントは?

コントローラータイプの部下を誉めるときのポイントは?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

コントローラーの部下を過剰に誉めすぎると、「自分をどうにかしようとしているのではないか」と、勘ぐられてしまうことがあります。なぜなら、誉めるという行為には、相手を「評価」する意味があり、それは、誉める側のほうが誉められる側より上位に立つということだからです。

ですから、コントローラーには、「評価」としての誉め言葉ではなく、「事実」をシンプルに伝えるほうがずっと効果的です。

例)
×「きみ、リーダーシップがあるな」
◯「最近、きみのチーム、生き生きしているな」


「図解コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく」
〜タイプ別心をつかむプレゼンテーション法
 より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

調査・データ・リサーチ

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事