eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


部下と話したほうがいいのに、先延ばしにしていることは何ですか?

部下と話したほうがいいのに、先延ばしにしていることは何ですか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

リーダーやマネジャーには「今、ここで」をつかまえる「センス」と「勇気」が求められています「今、ここで」完了させてしまうことができれば、チーム全体のエネルギーは上がるものです。

それをあとまわしにしてしまうと、そこには「未完了」が残ります。「未完了」は気がかりやしこりとなり、個人の、そしてチームのエネルギーを奪います。

コーチング型マネジャーはそのことについての理解が深く、常に「今、ここで」完了させることに努めています。

問題を先延ばしにせず、今ここで解決しようとする態度は、部下との間に信頼関係を築くことにもつながります。また、今ここで解決する、という態度は、未来に希望をもたらします。今ここで完了させれば、「新しくスタートできる」という意識を生むからです。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

上司部下 意識変革

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事