eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


あなたと部下との関わりを図式化するなら、どんな絵になりますか?

あなたと部下との関わりを図式化するなら、どんな絵になりますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

コーチング型マネジャーは、部下に仕事を丸投げせず、十分なフォローアップをします。実際に業績の上がっているチームは、マネジャーの部下に対するフォローが行き届いています。

コーチング型マネジャーは、部下と彼らの仕事の進捗に、「点」ではなく「線」で、オン・ゴーイング(現在進行形)で関わっています。

その会話は、決して劇的なわけでもなく、内容も深刻ではありません。ゆえにお互いに、構えることなく話せるのでしょう。また、コミュニケーションを交わしていて、結論を急がない、という特徴もあります。

さらに、彼らは教えたがりではありません。むしろ部下に質問し、部下が自分で考え、自分から行動を起こせるように、コミュニケーションを発展させるのです。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コミュニケーション マネジメント

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事