eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


部下との間に「一般的不協和音」はどのくらいありますか?

部下との間に「一般的不協和音」はどのくらいありますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

話し手と聞き手の間に、経験や体験の共有があれば、「言葉」はよく機能します。しかし、そういった背景がない場合には、「言葉」を機能させるのはひと苦労です。

私たちはふだん、同じ一つの言葉に対する解釈やイメージを、共有している前提でコミュニケーションを交わしています。しかし実際には、一つの名詞、たとえば「リンゴ」といっても、大きさ、色合い、形、人それぞれに「イメージ」しているものは違います。部下のイメージしているリンゴが青くても、上司は赤だと信じて疑わない。このように、同じ言葉を使いながら、違うイメージをもちながらコミュニケーションを交わしている状態を「一般的不協和音」といいます。

「一般的不協和音」は、日常生活のあちらこちらで起っています。同じチームで、同じゴールをもって仕事をしていても、上司と部下の間で、ゴールに対するイメージが違えば、それぞれがとる行動も違ってきます。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コミュニケーション チーム

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事