eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


部下とどのくらい「イメージ」を共有できていますか?

部下とどのくらい「イメージ」を共有できていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

部下が上司の望む行動をとらないとき、それは彼らが理解していないから、スキルが足りないからとは限りません。単に、上司のイメージと部下のイメージが異なっているだけなのかもしれないのです。

優れたマネージャーは、部下の「話を聞く」だけでなく、相手の使う言葉にも注意を向け、部下がその言葉に対してどんなイメージをもっているかを聞き出します。同時に、上司自身がその言葉に対してどんなイメージをもっているかを伝え、お互いにイメージを共有します。

お互いがもっているイメージを共有することは、本当の意味で「相手を理解する」ことにつながります。同じ言葉に対してもつイメージが違うときは、相手のイメージを知ることで、自分のイメージを拡げることもできます。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

チーム ビジョン/理念

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事