eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


その目標は、「自分の目標」になっていますか?

その目標は、「自分の目標」になっていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

管理職の役割は、会社の目標に対して組織のパフォーマンスを最大限に引き出し、目標を達成すること。ただし、その「目標」は、会社から「与えられたもの」であることが多いので、「外から与えられるものに対して成果を出す」ことが成功パターンになってしまいがちです。
しかし本来リーダーには、組織の成長に向けた目標そのものを創りだし、人を巻き込んで推進していく「主体性」が求められます。
目標を「自分のもの」とし、その実現にむけて成功する経験を積む。こうした機会を創り出すことが、次期リーダーを育てるカギです。
そのためにも、「明確なゴール設定」において、「その人のゴール」とするための会話が必要です。そして、その会話を仕掛けることこそ、現場で業務を共にする上司の役割ではないでしょうか。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

リーダー/リーダーシップ 目標達成

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事