eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


「当たり前」をどのくらい疑っていますか?

「当たり前」をどのくらい疑っていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

「なぜこのやり方でなくてはいけないのか? 」
「自分はどんな可能性を排除しているのか? 」
「なぜ今すぐにそれが実現できないのだろうか? 」
「それが無理である真の理由はなんだろうか? 」
「2倍ではなく、なぜ10倍にすることができないのだろうか?」

多くの企業の経営陣は、自分が作り上げてきた仕組みやシステム、 商品体系の中で昇進していきます。ですから、経営サイドに立った時に、これまで築き上げた「常識」を 疑うことが難しくなるものです。

自己否定できずに、イノベーションが立ち遅れる。いま、少なくない数の日本企業が、 クリステンセン氏(※)の言う「イノベーションのジレンマ」に 直面しているように思います。

常識を疑う「破壊的な質問をする」こと。

それが、エグゼグティブコーチの大きな役割です。


Coach's VIEW イノベーションと「破壊的な質問」 より抜粋編集


※【参考資料】 
『イノベーションのDNA ~破壊的イノベータの5つのスキル~』(翔泳社刊)
  クレイトン・クリステンセン (著)、ジェフリー・ダイアー (著)、 ハル・グレガーセン (著)、櫻井 祐子 (翻訳)


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

視点を変える 質問

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事