eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


初対面のとき、アナライザーにはどのように対応すると効果的?

初対面のとき、アナライザーにはどのように対応すると効果的?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

もし、「この窓からの眺め、いいですね」などのコメントに対し、「そうおっしゃってくれる方が多いですね」とか「東京湾全体が見渡せますからね」と客観視した答えが返ってきたら、きっとその人はアナライザーです。

アナライザーは、驚かされるのがあまり好きではありません。ですから、最初にこれから起こることを話しておくことで、安心して話を聞いてもらう態勢が整います。

アナライザーに対しては、「今日はこのあと、まず私から20分ほどで商品の説明をさせていただき、そのあとでご感想を伺う時間を10分ほどいただけたら、と思っております」という風に、なるべくその後に起こることをシミュレーションして見せるようにしましょう。

「図解コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく」〜タイプ分けを営業の初回訪問に活かすには より編集抜粋


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

タイプ別 マネジメントスキル

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事