eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


サポーターが自分と同じタイプの部下との関わりで、気をつけるべきことは?

サポーターが自分と同じタイプの部下との関わりで、気をつけるべきことは?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

意図的に緊張感を

サポーター同士はコミュニケーションはとてもうまくいきます。お互いの視点を大事にし合いますから、負荷が少ないのです。

ただそれは逆にいうと、お互いに厳しいことを言い合わない「ぬるい」関係になってしまう可能性でもあります。あまりにも居心地がよいために、馴れ合ってしまうというか。

ですから、部下がサポーターの場合は意図的に緊張感を生み出すような試みも必要でしょう。笑ってばかりいてもビジネスは進まないわけですから。


「図解コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく」より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コミュニケーション タイプ別

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事