eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


アナライザーが、自分と同じタイプの部下との関わりで、気をつけるべきことは?

アナライザーが、自分と同じタイプの部下との関わりで、気をつけるべきことは?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

こだわりを捨て、譲る

アナライザー同士は行動パターンが似ていますから、お互いを理解し合うことはそう難しくはありません。

ただ、どちらも自分が作ったプラン、自分のシュミレートした流れに固執してしまう可能性があるので、そこは多少譲り合わないとうまくいきません。

まずは上司が一歩踏み出して、部下が仕事をしやすいように環境を整える努力をしたいところです。

「図解コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく」より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コミュニケーション タイプ別

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事