eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


あなたのチームには、「リスクをとる自由」がどのくらいありますか?

あなたのチームには、「リスクをとる自由」がどのくらいありますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

優秀なリーダーは、前進し、成果を上げるためには、新しいアイディアを創造すること、そして、将来を見通すことが必要だと心得ています。

同時に、チームの成功基準がある種のもの(たとえば業績など)に限られている場合には、新しいアイディアや、将来への見通し、そしてもっと重要な信頼関係は生まれないし、発展もしないということも知っています。

「信頼」という側面において忘れられがちなのは、チームおよびチームメンバーに、「クリエイティビティを発揮する自由」や「リスクをとる自由」を与える能力です。

といっても、これは、信頼関係を構築するために、チームメンバーが愚かなリスクをとることをリーダーが容認しなければならない、という意味ではありません。というよりも、リーダーには、考え抜かれた上でのリスクテイクや、クリエイティビティを発揮させるスペースが必要です。

確実性ばかりを要求し、失敗を許さないチーム環境では、あなたに対する信頼は損なわれ、物事を創造する能力が限られてしまう、ということに気づくことことは必要です。

できるマネジャーが実践しているコーチング型マネジメントのススメ 第5回

『クリエイティビティを発揮する自由」と「リスクをとる自由」を与える』より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

上司/部下 育成/成長

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事