eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


コーチング型リクエストが効果を発揮するのは、どのような時でしょうか?

コーチング型リクエストが効果を発揮するのは、どのような時でしょうか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

「能力」「挑戦」「成長」を引き出すコーチング型リクエストをするためには、適切なタイミングとポイントを押さえることが必要です。

コーチング型リクエストが有効なのは、次のような場合です。

⬜︎現在のあり方に甘んじることなく、さらに挑戦させることで相手に成長の機会が見込めるとき

⬜︎本人には見えていない側面、可能性やチャンスを相手に伝えたいとき

⬜︎相手やチームの行動、またその成長が止まっているとき

⬜︎ゴール達成や問題解決に向けて、緊急性や大きな変革が要求されるとき

このようなとき、往々にして、本人は「現在のパフォーマンス」と「自分自身の可能性」とのギャップに気づいていません。ですから、まず、その事実(ギャップ)を伝えた上でリクエストをすると、よりよく機能するでしょう。

例: 「最近とても疲れているように見えるよ。そのせいで、あなた本来のパフォーマンスを発揮できていないように思うんだ。そこで、ちょっとリクエストしたいんだけど、いいかな? 来週一週間は、必ず18時前に仕事を終えて家に帰って欲しい。そして、仕事は家に持ち帰らないで欲しいんだ。仕事とプライベートのバランスをうまくとって、あなたには本来のパフォーマンス、そしてさらなるパフォーマンスを発揮して活躍して欲しい。どうだろう?」

リーダーシップミニ講座
『コーチング型リクエストで「能力」と「成長」を最大化する(第3回)』 より


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

マネジメントスキル 視点を変える

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事