eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


私たちは、なぜ話すのでしょうか?

私たちは、なぜ話すのでしょうか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

私たちが人と話すとき、自分が思っていることを伝えようとする意図があります。

同時に自分が頭の中でなにを思っていたか、話している最中に気づくことも多々あります。

こうしてみると、人が話すのは、単に情報を伝達するという目的だけでなく、話すことで、「自分がなにを思っているかを知る」という目的があることに気づきます。

どんなアイディアも、もともとは、人の内側にあったものです。内側にある時点では、本人すら気づかなかったかもしれないものも、話すことで、外に出て、具体化されてきたのです。この「外に出す」きっかけを作るのが、「話す」という行為です。

自分の考えていることを知るためにも、人は「話を聞いてくれる人」を求めています。

アイディアを生み出したり、アイディアを発展させるアイディアを見つけるには、孤独な思索では限界があります。
アイディアを生み出すためにはコミュニケーションがかかせません。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コミュニケーション 育成/成長

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事