eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


部下に「任せる」とき、どのようなことを意識していますか?

部下に「任せる」とき、どのようなことを意識していますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

部下に「任せる」という言葉はよく使われます。

しかしそれを、実際に理解している人はあまり多くありません。

さて、部下に仕事を任せることの目的は、部下を簡単な業務だけでなく、意思決定に参加させ、不測の事態などにも自発的に対応できるようにすることです。

ですから、部下に仕事を任せるときには、できるだけ部下に考えさせます。
求める結果の状態と、簡単なタイムスケジュールを示して、あとは部下に考えさせます。
さまざまな不測事態を想定し、それについての質問も加え、仕事を任せていきます。

そのとき、マネジャーは部下が
「任されている仕事の内容を理解しているか」
「達成する力を本当に持っているか」
「仕事のやりかたを理解しているか」
を確認しなければなりません。

部下が自由に仕事をできるようにするのは、上司の責任であり、そのためには、部下の責任範囲をはっきり示しておかなければなりません。それが不確かだと、部下はやってもいいことと、悪いことの判断がつかなくなり、自分から行動が起こせなくなってしまいます。

部下が自由に動けていないときは、マネジャーは責任を果たしていないときです。

「小さなチームは組織を変える」より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

意識変革/行動変革 育成/成長

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事