eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


仕事を任せるとき、失敗の予測をどのくらいしていますか?

仕事を任せるとき、失敗の予測をどのくらいしていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

仕事を任せれば、常に失敗の可能性はあります。

失敗の可能性については、最初から予測しておかなければいけません。

マネジャーは、部下と仕事の進捗を観察することで、大きな失敗を事前に察知できる状態にしておくべきです。
もし、大きな失敗が起きてしまったのなら、それはコントロールできなかったマネジャーの責任となります。

部下に仕事を任せたからといって、部下への適切なコントロールを放棄していいわけではありません。

部下を過剰にコントロールしたり、反対に放任するのではなく、部下が効果的に学び、効率よく仕事ができるように定期的に、コーチすることです。

「小さなチームは組織を変える」より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

信頼関係/関係構築 共有

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事