eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


安心感を与える聞き方をどのくらいできていますか?

安心感を与える聞き方をどのくらいできていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

話を聞くということは、相手の話している内容に、同意したり、賛成や反対したりすることとは違います。

ましてや、忠告や助言をする、代わりに問題解決をする、相手の要望に応えるといったことでもありません。

相手の話を聞くということは、相手の話やそのときの感情を「承認」することにあります。

たとえ相手の話に同意できなくても、聞くことはできます。
相手が伝えたいと思っていることを思っているとおりに、感じていることを感じているとおりに「理解」しようとすることが「聞く」態度であると言えます。

そのことには、もちろん話の内容を理解するという意味もありますが、それ以上に、話しているその人の「存在」を承認し、理解し、聞く、という意味があります。

こうしてみると「聞く」という態度は、たとえ考えの違う人でも、そこに「関わり」を創る、または、自分とは違っても、仲間として承認する、というありかただとも言えます。

どんな人でも、人は孤立することを怖れています。
誰でも、自分の話を聞いてもらえないと、自分は仲間として受け入れられないのではないかと、不安になります。

不安でいる時は、視野が狭まり、行動は抑制されます。

相手の話に耳を傾ければ、相手は安心感を持つことができます。
安心感は、関心や興味を開放し、自発的な行動へと導きます。

安心感はすべての行動の源です。

「小さなチームは組織を変える」より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

アクノレッジメント/承認 共有

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事