eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


この1週間でどのくらいフォローの時間を設けましたか?

この1週間でどのくらいフォローの時間を設けましたか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

定期的にフォローの時間を取ることで、部下は課題や行動計画に対してより集中して取り組むことができるようになります。

また、目標に対する意識はそれがちです。方向がずれたり、意識が散漫になることを避けるために、なんどもリマインド(再確認)をして、目標に目を向けさせる必要があります。

管理するというわけではありません。部下とそれをテーマにコミュニケーションを交わすのです。

コミュニケーションを交わすことは、直接学ぶ機会をもたらします。それだけではありません。コミュニケーションは「学んでみたい」という欲求を刺激します。「学習していること」、それは、目標へ向けたいちばんの動機づけになります。

励まし、叱咤激励、どれも効果があります。しかし「自分は学んでいる、自分は成長の機会を得ている」という動機づけには及びません。

本来、人は「学習」することが大好きなのです。

「小さなチームは組織を変える」より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

コミュニケーション 育成/成長

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事