eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


「聞く能力が高い」とは、具体的にはどのようなことでしょう?

「聞く能力が高い」とは、具体的にはどのようなことでしょう?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

コーチングのほとんどは「聞く」と「聞き分ける」ことにあります。
コーチが学ぶコミュニケーションの大半は聞く能力を高めることにあります。
聞く能力が高いというのは、次のようなことができるという意味です。

・相手が話しやすい環境をつくる
・相手のタイプや状態、価値観や現在のコミュニケーション能力などを聞き分ける
・相手のリソース、夢や目標を引き出す
・相手の中にあるものを聞くための効果的な質問をつくる
・自分が受け取った意味が相手の言いたいことと一致しているかを確認する

無造作に聞くのではなく、コーチは聞くための「インターフェース」を自分の内側につくり上げていきます。
コーチが聞く能力を高めれば、クライアント(コーチングを受ける人)が自分でも気づいていなかった可能性を引き出すこともできます。

「コーチング・マネジメント」(伊藤守著)より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

役割 聞く

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事